DATE: 2006/05/06(土)   CATEGORY:
「日本沈没」
 「DearWoman」のPV見たさに「チョナン・カン2」を見ていたら、「日本沈没」のリメイク映画の予告編が流れてきました。

 「日本沈没」、原作を図書館から何度も借りて読みました。どれだけのインパクトがあったかというと、ぼんやりのんびり暮らしていた、田舎の中学生が、将来、自然科学を勉強しようと決意した程でした。結局、理系の進路を選び、今の職業に就いたわけなので、たかが本のことと夢おろそかには出来ませんねえ。
つづきを表示
CO*0 ] page top
DATE: 2006/04/15(土)   CATEGORY:
私の好きな本(日本語以外で書かれた本の巻)
好きな順番ではなく、思いついたままの順不同です。

「テレパシスト」ジョン・ブラナー
 最初購入した文庫本を水害で破損し、数日後、その水害で転居した方が処分した本を古本屋で購入した「いわくつき」。

「悪鬼の種族」ジェイムズ H.シュミッツ
 「喋るミュータントカワウソ」がいい。

「ウォッチャーズ」ディーン・R・クーンツ
 あえて一言で言うと「犬好きにはこたえられない、SFでホラー風味のハーレクインロマンス」。

つづきを表示
CO*2 ] page top
DATE: 2006/04/13(木)   CATEGORY:
「ダ・ビンチ・コード」
 話題の「ダ・ビンチ・コード」、文庫版をやっとこさ読みました。
 手にとってまず驚いたのは、文庫の字が大きいこと(驚くところが違うでしょ?)。私は目があまりよくないので、大きい字は読むのが楽で、たすかりますが。
 上中下3冊を飽きずに読ませるのは、さすがベストセラーの面目躍如ですが、なんだか映画をみているようでした。歴史、宗教上の謎、仮説、豆知識を広く取り上げ、読む側の知的好奇心を満足させつつ、ちゃんと時間内に解決しました!って感じでしょうか?
 安くておいしい焼肉をおなかいっぱい食べたかったのに、ヘルシーでボリュームも腹八分目のお上品な洋風懐石が出てきて、頭の中で「カルビ食べたい!」と連呼してる気分です。
 あ~、例えが判りにくくて、すみません。
CO*4 ] page top
DATE: 2006/03/09(木)   CATEGORY:
電子書籍
 電子書籍を買ってみました。
 寝っ転がって読めないのと、再生機器が限られてしまうのが、よろしくないといえば確かにそうですが、保管場所に悩まなくて良いのは、大いによろしいことです。
 でも、読んだ後、やっぱり、紙の方の本を買いたくなっちゃたんですよねえ。よろしいような、よろしくないような。
CO*0 ] page top
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ