DATE: 2008/05/18(日)   CATEGORY: 音楽
Izpoved
 ブルガリア語で「Confession」つまり告白という意味らしい曲名のこの曲は、かの「ブルガリアン・ヴォイス」のコーラスCDのなかのある1枚に収められています。
 1980年代に某インスタントコーヒーメーカーのCM、(確か)1990年には某国産自動車メーカーのCMに使われていましたので、そちらで記憶されている方がいらっしゃると思います。
 初めて聞いたときの衝撃は忘れられません。 うねりのような和音に支えられたコーラスの厚みがなんともいえず、いい感じなのですが、何度聞いても音がとれず、残念ながら、自分で歌うことはできません。もしかすると民謡を練習していれば、歌えたのか?
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/17(土)   CATEGORY: 音楽
アララの呪文
 かの「ちびまる子ちゃん」のエンディング曲です。
 この時間帯では、いつも裏番組を見ていますが、毎週エンディングを見る(聞く?)ために、テレビのチャンネルを切り替えています。手動切り替えなので、たいていは見忘れたり、後半部分のみ聞くことになります。
 この曲、歌詞は前向きで、ノリのいい曲なのですが、主旋律は結構高い音域で歌うことになり、大人が歌うのは大変そうです。
 譜面がないので、いい加減ですが、前奏の最後でトランペットが奏でる「パンパパン」のところで転調して、途中で、主旋律のキーを上げ、転調で下げて、最後にもう一回コーラスの「ダンダダン」で転調して終わる、みたいに聞こえます。
 打ち込みのテンポが、前奏より歌の部分で少し早く聞こえるのは、たぶん高音のメロディが続くために生じる耳の錯覚でしょうが。
 なかなかに凝ったメロディとアレンジの気がするけど、そういえば、作曲者も編曲者も(ちなみに振り付けも)豪華メンバーでした、いわずもがなでしたわ~というのが、いまさらの感想です。
 
CO*0 ] page top
DATE: 2008/05/14(水)   CATEGORY: 音楽
メンデルスゾーンの「イタリア」
 最近は、かの「のだめ」ですっかりメジャーになった感じのメンデルスゾーンの交響曲4番「イタリア」。
 学生の頃には、1楽章と4楽章の主旋律を暗譜でうなれた位、好きです。今では、そんな芸当はひっくり返っても当然無理で、スコア片手ならたぶんうなれますが、CD聞いたほうが早いし、音も当然きれい。にもかかわらず、貧弱な我がCDライブラリには、なぜか一枚も在庫がありません。
 ということで、お勧めの1枚がありましたら、どなたか推薦いただければ幸いです。
CO*0 ] page top
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ