「凄い」
 今回は 「シンゴジラ」について,小ネタを好きにくっちゃべります(おしゃべりします)。当然ネタバレになりますので,追記に書きます。小ネタですが,ネタバレがお嫌いな方はご覧になられませんようにご注意ください。ご面倒をおかけしますが,よろしかったら追記ボタンを押して,ご覧ください。
(以下,ネタバレ防止の改行)




つづきを表示
CO*0 ] page top
DATE: 2016/09/22(木)   CATEGORY: 雑記
「病膏肓に入る」
 ここをお読みの方々にはご承知の方も多いとは存じますが,私には「配役リスト作り」という変わった趣味があります。
 一言でいうと「映画」のエンドクレジットにお名前のある俳優部の方々おひとりおひとりの劇中の役名,役職あるいは肩書等をできる限り調査し,まとめてリスト化するというものです。もっと変なことに,登場人物が多いほど,さらに,役職が増えるほど,自分にとって面白さが倍増します。
 「そこに山があるから登る」と昔々超有名な登山家の方が言ったそうですが,その気持ちはよくよく分かります。(全然違うから!)

 正直に告白しますと,「シンゴジラ」公式サイトのキャスト一覧をみて,心の内ですが,小躍りというか,ほとんど狂喜乱舞しておりました。しかし,公開日から8月末までは,仕事の都合で映画を見にいけないことが判明しており,仕込みの時間等も考えて,今回は背中ムズムズをなだめすかし,着手を一度あきらめました。まあ,ゴジラは日本が世界に誇るコンテンツで,フアン層も分厚いでしょうから,どなたか必ずトライするでしょう,と思いましたし,公式記録集が出るという情報もあったので,まあそれを見ればいいかなとも思いました。

 公開日から8月末まではお仕事に専念して,当初の予定通り,9月になって,やっと映画を見に行きました。
 「配役リスト作り」は完成まで結構山谷があるものでして,作成中は「なんでこんなことやってるんだ?」と自問自答すること数え切れません。しかも,完成後しばらくはその作品を見るもいやになるという強烈な副作用があります。そういうことから解放されて,映画を見るもいいなあと思いました。
 でも,「病膏肓に入る」の言葉通り,一度見てしまうと背中ムズムズはもう抑えきれず,何かできそうか考え始める毎日です。やれやれ。

どっとはらい?
 
CO*0 ] page top
DATE: 2016/09/22(木)   CATEGORY: 雑記
ちょっとしたお知らせ
 改めまして,こんにちは。
 ここしばらく,Twitterはいろいろおめでとうツイートが主で,Blogはほぼ休眠状態でしたが,「シンゴジラ」関係で,登場人物についてくっちゃべりたい(おしゃべりしたい)と思い,Blogも復活しました。
 で,ありがたいことに,何人の方からは「またやるんですよね?」のようなお問い合わせを頂戴しております。それぞれの皆様には個々に回答させていただきましたが,念のためここでも申し上げます。

 「シンゴジラ」の「役職名&役名付キャストリスト」についての基本方針を申し上げます。
・11/3までは表立って活動はいたしません。
 仕込みが必要なので,ネタ集めはしますが,まとめはいたしません。その代わり,Twitter,Blogで「役職名&役名付キャストリスト」の作成活動をしていらっしゃる先達の方々を発見しましたら,積極的にリツイートし,ご紹介したいと存じます。

・11/3に庵野監督編集の「公式記録集」が発売されます。
 過去の「役職名&役名付キャストリスト」レベルの資料をお望みの場合,おそらく,これをお買い求めになれば,完璧な内容が入手できると推定します。その内容を確認した上で,何かできるかを考えて,できそうなら,個人の楽しみのレベルで何かしたいなとは思います。「公式記録集」が考慮の余地なく完璧だったり,諸般の事情で「なんかやりましょう」熱が急速冷却されたりしたら,今回はなにも致しませんという次第になります。

 「公式記録集」はなにぶんにも高価ですので,「役職名&役名付キャストリスト」だけほしいというご意見もあると思いますが,そのまま転載はできません。出版物の内容複写は著作権法に抵触するのではないかという恐れがあり,何より「丸写し」といわれるのはあまり楽しいことではないからです。ここは「丸写しではないのに,丸写しといわれた」過去の体験を引きずっています。

 一つ明確なアイディアはあるのですが,記録メディア(DVDなど)の発売前に完成させるのは難しそうともわかってきたので,長期戦に備えて,自分の鼻先にぶら下げるニンジンと自分の尻を蹴飛ばす起爆剤を物色中です。

 ということで,しばらくは,登場人物について自由にくっちゃべりたい(おしゃべりしたい)と思います。

どっとはらい
CO*0 ] page top
ものに名前を付けるということ
 「シンゴジラ」の登場人物について好きにくっちゃべる(おしゃべりする)シリーズの3回目です。当然ネタバレになりますので,追記に書きます。無駄話レベルですが,ネタバレがお嫌いな方はご覧になられませんようにご注意ください。ご面倒をおかけしますが,よろしかったら追記ボタンを押して,ご覧ください。
(以下,ネタバレ防止の改行)




つづきを表示
CO*0 ] page top
三人の大人っていったい誰?その2
 早く題名ネタを回収したいので,前置きは省略します。
 ネタバレなので,追記に書きます。ご面倒をおかけしますが,よろしかったらお越しください。
(以下,ネタバレ防止の改行)




つづきを表示
CO*0 ] page top
三人の大人っていったい誰?
題名は,シンゴジラの完成会見で庵野監督が言われた「矢口は子ども、赤坂の方が大人で、この映画に出てくる大人は三人しかいない。そのうちの一人です。」に由来しています。
さて,気に入った登場人物として,始めに「矢口,赤坂,泉」の若手政治家3人衆を取り上げます。ネタバレなので,追記に書きます。先にオチを言いますと,書きたいことを書いたために,思いがけず長文になったので,題名ネタを回収していません。それは次回ということでご容赦ください。ご面倒をおかけしますが,よろしかったらお越しください。
(以下,ネタバレ防止の改行)


つづきを表示
CO*0 ] page top
シン・ゴジラを見ました
「シン・ゴジラ」見てきました。
「踊る大捜査線」のシリーズが事実上クローズしてしまい,同じ映画を複数回見ることはもうないと思っていました。
しかし,一回目うっかり4DXで見てしまい,揺れのせいで話に集中できず,もう一回見にいき,見事にはまりました。
まあそんなもんです。

感想を一言でいうと,「久しぶりに触りがいのあるコンテンツがきた」でした。
単純に面白いといえないのは,これがディザスター映画で,あからさまな表現はされていないけれど,多数の犠牲者がでているから。
過去のゴジラ映画よりも「日本沈没」のトーンに近い印象を受けました。それも平成版ではなく,昭和版のほう。

で,考察もどきをしようと思ったのですが,巨大不明生物の行動論理なんてわからんポンでしょ?

なので,事実上の主人公であるタイトルロール「巨大不明生物」のこととか,物語の始まりですでに消息不明だった牧・元教授のこととかはいったん横に置いて,まずは自分の気に入った登場人物について,好きにくっちゃべる(おしゃべりする)ことにいたします。

どっとはらい
CO*0 ] page top
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ