爆処理班長と浅尾警部
 凝りもせず、また書きます。
ネタバレがありますので、ご注意ください。

・爆処理班長
 相変わらず、いい味だしてますね。「肩で風切る」益本刑事に怒鳴り返せるのも、彼だからこそ。
 しかしながら、ずっと「笹美」で飲んでる班長が、なぜに夜汽車で逃亡中の「キジヤン」に台東署の特捜の動きを知らせることが出来るのでしょうか?不思議です。

・浅尾さん
 今回、おやっと思ったのですが、浅尾さんって、割と自分の考えを口に出しているんですね。ごく自然にスルッと。
 これって、実はすごく不思議なことなんです。警察というのは、上意下達の徹底した組織で、上位者の決定や指示に口を挟むことは許される行為ではないからです。しかも、彼は、捜査一課特殊犯捜査係(SITの正式名称ってこれでよかったかなあ?あとで確認しとこ。)所属という、本庁の刑事だから、なおさら、その辺の厳しさはわきまえているはずです。
 なんとなく考えたことのひとつは、浅尾さんの階級は警部で、本来なら、SITでは係長相当の職位であることです。「逃亡者」の中では、木島さんが警視で、SITの係長という想定になっているようですが、警視なら、本来なら、管理官なんですよね。まあ、それはさておき、警部以上の司法警察官は逮捕状請求権をもつため、警部補までとは全く権限が違ってくるわけです。現場での具体的な捜査方針を立てて、部下に指示もするし、そういう立場ゆえの発言なのでしょうか?

 倉橋くん、真下くん、それから、なんといっても稲垣管理官のことは、また次回に致します。
関連記事
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● お返事>へー太郎さん
みや | URL | 2005/12/25(日) 22:42 [EDIT]
メリークリスマス!
今年、諸般の事情で、大掃除はサボりましたが、いつも通りに家事をこなして、3連休が終わります。
木島SP、面白いですよね。映画でなくてもいいので、できることならシリーズ化していただきたいところです。
● メリクリ
へー太郎 | URL | 2005/12/25(日) 14:41 [EDIT]
メリークリスマスだ、ばかやろうです!(笑)
クリスマス、いかがお過ごしですか?
我が家は、昨日大掃除も終わりのんびりムードです。

木島さん、二度見ました。やはり、映画化を期待しちゃいます。
警察の上下関係・・・深く考えずにいつも見てしまうので、勉強になります。
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ