【OD3】貧乏くじ
 「踊る大捜査線THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」(OD3)で、一番の「貧乏くじ」をひいたのは誰か?

 ここからは、大した内容ではありませんが、ネタバレ、かつ、映画の内容に触れた感想を述べています。ネタバレや他人の書いた感想を読みたくない方は、ここから先には進まず、お戻りください。
 誠に申し訳ありませんが、お互いの心の平安のために、どうかよろしくお願いいたします。


 さて、お手数をおかけしました。話を進めます。

 OD3で、一番の貧乏くじを引いたのは、ズバリ「一倉正和氏」だと、私は思います。

 「踊る」シリーズにおける、階級・役職の取り扱いの、現実とのちぐはぐさは、いったいどうしたものかと思いますが、フィクションにその手の正確さを求めるなという意見も一理あるとは思います。

 しかし、一倉氏の「捜査一課長」から「管理官」への「降格」はいくらなんでも「やり過ぎ」なんじゃない?と感じます。
 降格の内容ならば、室井さんの「失われた10年」のほうが、ずっと過酷であるかもしれません。が、室井さんがあくまで自らの行動の代償として、降格を受けたのに比べ、一倉氏のそれは「部下の過失の責任」「権力闘争のとぱっちり」であり、本人の気持ちは、常人には測れません。
 「天下り」も「転身」もせず、警察に勤務を続ける一倉氏には、室井さんとはまた違った「矜持」があると思うのですが、それを表現することはかなわず、「OD3」では、何とも言えない「荒みっぷり」を披露するあり様です。
 「踊る」シリーズでは、主要なテーマの全てを対比構造で表しているので、「本庁と所轄の対立」を手っ取り早く見せるには、誰かがあの役を引き受けなければならないと思います。でも、それが何も、一倉氏でなくてもなあ、と、おそらくはオールドファンの部類に入るであろう、私は思ったりします。

関連記事
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● Re: 一倉さん
みや | URL | 2010/07/27(火) 00:13 [EDIT]
> いやまったく、一倉正和が不憫で(つД`)
> もし次があるなら、もうちょっと考えてあげて欲しいものです。

できればリベンジを希望します。
● 一倉さん
yah3 | URL | 2010/07/26(月) 02:59 [EDIT]
いやまったく、一倉正和が不憫で(つД`)
もし次があるなら、もうちょっと考えてあげて欲しいものです。
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ