DATE: 2011/03/18(金)   CATEGORY: 地震
目に見えることだけが支援じゃないと思いますが
早寝早起きしてません。ごめんなさい。

地震関連のことを書きますので、いやな方はスルーしてください。

あと、題名もちょっと変えました。

ツイッターで「何もできない自分がもどかしい」という言葉をよく拝見します。

できることはたくさんありますよ。
もうすでに皆さまが取り組んでいらっしゃいますが、頑張ろうというエールを送ってくださる、節電してくださる、時差出勤していただく、などなど。
可能であれば、お財布と相談して募金に参加して下さるという、とびきりの手段もあります。なお、募金を強要しているわけではないので、あしからず誤解のないようにお願いいたします。

被災地に直接支援物資を届ける、あるいは、ボランティアをすることだけが支援ではないと、私は思います。確かにとてもありがたいことですし、こんなことが言えるのは、自分が比較的被害が軽微な地区に住んでいるからで、深刻な被害を受けた地域では、物資も人手も、心底、のどから手が出るほど欲しいです。しかし、水道も下水道も本当にまともに機能しない、食料もガソリンも全くないところで、経験も組織力も持たない個人がやれることは限られます。

今回の地震では、過去の経験に比べても、被災地の範囲が広く、度合も深刻です。おまけに、原子力発電所への対応というハイレベルの判断を必要とする問題までくっついてきました。
復興は長期にわたりそうです。個人の自助努力でどうにかできる範囲とできない範囲があります。復興にかかるお金、特に社会インフラの再構築には、国のお金、つまり、国民が納めている税金をたくさん投入する必要だって出てくるかもしれないです。

もちろん、私は、というか、わたしたちは頑張ります。自分たちの生活のことですからね。
でも、個人でどうにもならないことは確かにあって、それは、自治体というより、国にお願いするしかないです。
その政治をつかさどる政治家の皆さんを選挙でよく考えて選ぶのも、かなり重要な支援じゃないかと思ったりします。

なんだか大言壮語になってますが、要は「はっきり目に見えることだけが支援じゃないと思いますが」と言いたいわけです。
(なんだ、一行で終わるじゃない)
関連記事
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 1日もはやい復興を祈っております
お局圭子様 | URL | 2011/03/22(火) 21:16 [EDIT]
ご無事であることがわかり安堵いたしましたが、多数のかたが避難生活を余儀なくされていることを思うとやはり胸が痛みます。
私の職場でも募金活動など、微力ではありますが今できることをはじめました。
これからも大変とは思いますが1日もはやい復興を祈っております。
● 先へ
KotesashiSky | URL | 2011/03/18(金) 19:48 [EDIT]
日常生活を続けること。
日本の経済を、社会を繋げて行くことも支援だと思います。

経済、社会基盤があっての復興です。

みんなが日常を取り戻せるように、支えます。待っています。
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ