[ODF]見落としてたこと
 ここからは、「踊る大捜査線THE FINAL 新たなる希望」(ODF)のネタバレ、かつ、映画の内容に触れた感想を述べています。
 ネタバレや他人の書いた感想を読みたくない方は、ここから先には進まず、お戻りください。
 誠に申し訳ありませんが、お互いの心の平安のために、どうかよろしくお願いいたします。




 さて、お手数をおかけ致しました。話を続けましょう。



 シナリオガイドブックを読む前に、も一回ちゃんとみておこうと思って、ちょっと無理してODFをみてきました。無理してもいってよかったです。

 見落としてた大切な点は2つ。

・小池くんの表情

 終盤、湾岸署に青島くんが勇気くんを連れて帰ってくるところ。
 真下署長と勇気くんが雪乃さんと電話で会話をしているのを聞いている小池くんが一瞬ほっとしたような優しい表情を浮かべます。
「あ、勇気くんは助かった、よかった」
 私の願望かもしれないけど、そう見えました。

 小池くんは、真下署長に対して、確かに怒りや憤りを感じているのだろうけれど、何の関係もない子供に危害を加えるのはおかしいと思っていたのかもしれません。小池くんが「怒りのあまり、何の関係もない人間に平気で危害を加えることができる人物」ではないように描写されていて、よかったなと、ちょっと安心しました。


・立ち番の警官に声をかける室井さん
 
 これも終盤、湾岸署から撤収する際、室井さんから、立ち番の警官に「御苦労さん」という声をかけていきます。

 すぐ後の朝日に照らされる室井さんがかっこよくて、忘れられがちですが、たぶん、室井さんから挨拶の声をかけるのは初めてのように思います。
 テレビシリーズでも立ち番の森下さんと話しているけれど、あれは、青島くんの警察手帳を届けるという用事のついでですから。
 室井さんのなかで、また何かが芽生えたのかもしれないし、そうでないかもしれない。 

 ちなみに、立ち番の警官がねむそうだったので、声をかけることでさりげなく注意を促したとも考えられますが、それって対人スキルがやや高めな感じで、「人生を泳ぐのが下手な」室井さんぽくはない感じがします。

 室井さんについては、たくさん書きたいことがあって、時間がいくらあっても足らないですよ。


関連記事
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ