シン・ゴジラを見ました
「シン・ゴジラ」見てきました。
「踊る大捜査線」のシリーズが事実上クローズしてしまい,同じ映画を複数回見ることはもうないと思っていました。
しかし,一回目うっかり4DXで見てしまい,揺れのせいで話に集中できず,もう一回見にいき,見事にはまりました。
まあそんなもんです。

感想を一言でいうと,「久しぶりに触りがいのあるコンテンツがきた」でした。
単純に面白いといえないのは,これがディザスター映画で,あからさまな表現はされていないけれど,多数の犠牲者がでているから。
過去のゴジラ映画よりも「日本沈没」のトーンに近い印象を受けました。それも平成版ではなく,昭和版のほう。

で,考察もどきをしようと思ったのですが,巨大不明生物の行動論理なんてわからんポンでしょ?

なので,事実上の主人公であるタイトルロール「巨大不明生物」のこととか,物語の始まりですでに消息不明だった牧・元教授のこととかはいったん横に置いて,まずは自分の気に入った登場人物について,好きにくっちゃべる(おしゃべりする)ことにいたします。

どっとはらい
関連記事
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ