シンゴジラにおける北山雅康さんの所属,役職を想像する その3(まとめ)長文注意
  「その3」であります。
 いつまでやってる?とお叱りを受けそうです。申し訳ありませんが,もうしばらくの間お付き合いください。

 細かい内容ですがネタバレになりますので,追記で書きます。ネタバレがお嫌いな方はご覧になられませんようにご注意ください。ご面倒をおかけしますが,よろしかったら追記ボタンを押して,ご覧ください。
(以下,ネタバレ防止の改行)





 ご面倒をおかけしました。お越しくださってありがとうございます。では早速。

 「その1」「その2」と考えてまいりましたが,いまだ自信をもってこれといえる想像に至っておりません。ここで,以下の3点に関する情報をもう一度整理します。
1,北山さんの所属,役職に対する仮説
2,映画からわかった情報
3,現実社会の情報
長くなりますが,情報の追加訂正もありますので,もう一度書きます。ご了解ください。

1,北山さんの所属,役職に対する仮説
仮説その1「緊急参集チームのメンバ-」
仮説その2「総理レクに参加した各国務大臣の随行者である各省の局長級幹部」

仮説その1,その2のいずれか,または双方に該当する役職者がいれば有力な候補になります。

2,映画からわかった情報
2-1,登場が確認できた場面,できていない場面
(1)登場を確認できた場面
・官邸危機管理センター幹部会議室での「1番めの会議」(緊急参集チームの協議と私が仮定)
・総理執務室での「東京湾における水蒸気爆発等 複合事案に関する総理レク(チャー)」
 以降「巨大不明生物」の「第三形態」が海に戻るまでの,総理執務室での会議にはすべて参加
(2)登場が(10/7時点で)確認できていない場面
・閣僚会議室での関係閣僚会議
・官邸危機管理センター幹部会議室での緊急災害対策本部会議

2-2,身分証,襟章
襟章:なし,
内閣官房副長官秘書官の志村さん,総理政務秘書官と総理秘書官の皆さんは白地に模様の入った襟章をつけている

身分証:縦型でひもで首にかけるタイプ。
同じタイプの身分証を,郡山内閣危機管理監と厚生労働省の森課長が使用
志村さん,総理政務秘書官と総理秘書官の皆さんは,横型で胸ポケットに留めるタイプを使用。

2-3,総理レクに参加した各国務大臣+αの皆さん
大河内総理大臣から見て,時計回りに以下の通り着席しています。
・金井内閣府特命担当大臣(防災担当)
・柳原国土交通大臣 
・河野総務大臣
・菊川環境大臣
・郡山内閣危機管理監
・国平副総理兼外務大臣
・葉山通商産業大臣
・関口文部科学大臣
・花森防衛大臣
・東内閣官房長官

2-4,総理レクに参加した各省庁幹部,内閣官房幹部の皆さん
テーブル席には赤坂先生、矢口先生から、時計回りに以下の通り着席しています。
・内閣官房副長官補の平岡さん(事態対処・危機管理担当)
・気象庁次長の沖さん
・防衛省運用政策統括官(局長級)の松本さん
・所属,役職不明の方
・国土交通省の役職不明の方(防災服から推測)
・(空席)
・(北山さんはここ)
・環境省の役職不明の方(横川環境大臣に耳打ちしていることから推測)
窓際の席
・文部科学省の科学技術・学術政策局長(関口文部科学大臣にメモを渡していることから推測)

仮説2から派生して,大臣が総理レクに参加しているのに,ここに名前がまだない省庁の役職者は今回の有力候補です。これを仮説3とします。

3,現実社会の情報
・「緊急参集チーム」のメンバー
「緊急参集チーム」のメンバーは事案ごとに事前指定された関係省庁の局長級幹部です。例えば「自然災害事案」の場合,以下の8名(順不同)で構成され,内閣官房幹部も参画します。
・内閣府政策統括官(防災担当)
・警察庁警備局長
・消防庁次長
・厚生労働省技術総括審議官
・国土交通省水管理・国土保全局長
・気象庁次長
・海上保安庁海上保安監
・防衛省運用企画局長

 私が知りえた情報は以上です。

 ここまでデータが揃ったら推測できてもいいはずなのに,なぜわからない?と思いながら,仮説1,仮説3の双方に該当する人物がいないか,目を皿のようにして探しました。

 あ  れ  ?

 「見たのに,見えてなかった!わかってなかった!!」

 この瞬間,私がどんな気持ちになったかは,間准教授の「ポン」+つぶやき,あるいは,文科省の安田さんの「こんなのありかよ~!?」,どちらでもお好きな方をご想像ください。

 いました。
 仮説1,仮説3の双方に該当する人物がおひとりだけいました。このかたです。

・内閣府政策統括官(防災担当)

 この方の親分,もとい,上司に当たると思われる国務大臣は,「想定外」を連発する,金井内閣府特命担当大臣(防災担当)です。
 
<今回の初動ミスの原因>
1,内閣官房は内閣府の内局なので,内閣官房幹部と金井大臣を紐づけした。ここで「内閣官房幹部の上司は東官房長官」という大前提がすっこーんと抜け落ちた。
2,襟章や身分証の形にとらわれ過ぎ,襟章がなければ内閣官房幹部でないと考えた。ここで「内閣官房幹部でない」と「内閣府関係者でない」は同じではないことに気が付かなかった。

ということです。ごめんなさい。

では,結論をまとめます。
お題「シンゴジラにおける北山雅康さんの所属,役職を想像する」
想像の結果
(第一候補)内閣府政策統括官(防災担当)
(第二候補)「総務省,または,外務省,または,通商産業省」の局長級幹部
(第三候補)厚生労働省技術総括審議官
(第四候補)警察庁警備局長,または,消防庁次長,または,海上保安庁海上保安監
となりました。

あとは11/3を楽しみに待ちたいと思います。

正解が違っていたら,「やっぱり違った!どこで間違ったのか?大検証大会!」を実施したいと思います。どうぞお楽しみに。

最後までお読みくださいまして,誠にありがとうございました(最敬礼)。
関連記事
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ