この違いはなんだろう?
  「シンゴジラ」について,小ネタを好きにくっちゃべります(おしゃべりします)。当然ネタバレになりますので,追記に書きます。ネタバレがお嫌いな方はご覧になられませんようにご注意ください。ご面倒をおかけしますが,よろしかったら追記ボタンを押して,ご覧ください。
(以下,ネタバレ防止の改行)





 ここに3冊の本があります。
・e-MOOK「シン・ゴジラ」(宝島社)
・シン・ゴジラWalker(KADOKAWA)
・エンタミクス2016年9月号(KADOKAWA)

 で,3冊の本には,主役級3人のキャラクター紹介が簡単に書いてあるのですが,それが結構バラバラな感じで,この違いはなんだろうと考えあぐてていました。で,一番気になった赤坂先生(赤坂秀樹衆議院議員,演:竹野内豊氏)の紹介を上げておきます

・e-MOOK「シン・ゴジラ」 「常に冷静沈着で,駆け引きがうまい野心家。本作中もっとも現実的な人物で,ゴジラのことは常に巨大不明生物と呼び続ける。」
・シン・ゴジラWalker 「現実主義ゆえ矢口の甘さに苦言を呈するが理解者でもある。」
・エンタミクス2016年9月号 「総理をサポートする沈着冷静な補佐官。感情的な矢口を心配しつつも,政治家としての資質を認め,ともに未曽有の危機を乗り越えようとする。」

 e-MOOK「シン・ゴジラ」の紹介は映画の内容から容易に想像できるのですが,シン・ゴジラWalkerとエンタミクス2016年9月号の内容はは少なくとも一般に入手できる資料には書いてありませんでした。プレスリリースなどの資料にその元があるはずです。もしかしたら,その答えは「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」にあるかもしれません。これから開けて読みます。楽しみです。

 どっとはらい
関連記事
CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 自己レスです
みや | URL | 2017/01/01(日) 00:38 [EDIT]
答えはなかったです。じゃ,あの記事は何をもとにして書かれたんだろう?わからないです。
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ