DATE: 2006/05/06(土)   CATEGORY:
「日本沈没」
 「DearWoman」のPV見たさに「チョナン・カン2」を見ていたら、「日本沈没」のリメイク映画の予告編が流れてきました。

 「日本沈没」、原作を図書館から何度も借りて読みました。どれだけのインパクトがあったかというと、ぼんやりのんびり暮らしていた、田舎の中学生が、将来、自然科学を勉強しようと決意した程でした。結局、理系の進路を選び、今の職業に就いたわけなので、たかが本のことと夢おろそかには出来ませんねえ。
 映画は、小林桂樹さんのマットサイエンティストぶりと丹波哲郎さんのアクの強い総理大臣が印象に残っています。あとは、竹内東大教授(当時)。この方の「Newton」にもずいぶん影響されましたね。
 ちなみに、一番好きなキャラは幸長助教授です。つか、あの話にでてくる学者も官僚もめちゃくちゃタフで、幸長さんが一番おとなしかったので、そこが良かったんですよね(ちょっと意味不明?)。
 リメイク版の幸長助教授役はだれなのか、公式サイトを見ても小さい写真しかありませんが、ムロツヨシさんに似てますね。どなたなのかなあ?

 「DearWoman」のPVはちゃんとみましたが、録画をし忘れました。とほほ。まあこんなもんです。 
関連記事
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © みや(j_miya)の日記. all rights reserved. ページの先頭へ